日記

苺狩り

 3月24日(日)は月に一度の日曜学校でした。当院へ子ども達が足を運ぶ数少ない仏縁であります為、毎月何人の子ども達が参加するのか楽しみです。この度の企画は今がシーズンの「苺狩り」です。企画内容のお陰なのか早い段階から応募が殺到し、過去最大の54人(保護者も含む)の参加がありました。
 今回、初めて仏縁に遇うという子どももいる事から、仏参指導にてお念珠やお聖典の扱い方、合掌礼拝の作法などきちんと学び、みんなで「らいはいのうた」をお勤めいたしました。
その後はお待ちかねの「苺狩り」です。この度は、「満農園(球磨村)」へお世話になる為、中型バス3台に乗り込み向かいました。
ビニールハウスの中は、赤一色で至るところに苺が実っており、「どれが大きいだろうか、どれが美味しいだろうか」と悩みながら苺を選んでいる子や、「たくさん食べるぞー」と苺を見つけ次第食べている子など様々でした。
 「苺狩り」の後は別院に戻りまして、16時のお夕事(夕方のお勤めのこと)までレクリエーションを行い、最後は参加者全員揃ってお夕事をお勤めいたしました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。