日記

復興の道しるべ⑦

 【可愛いデザインのキッチンカーで各地区で大活躍です(下青井町)】

 

 

 先日の東日本大震災十周年追悼式にご出席された天皇陛下のおことばの中に「震災を過去のことではなく、現在も続いていることとして捉える必要がある」と述べられていました。

 

これは東日本大震災だけでなく、様々な災害において、この度の令和2年7月豪雨にも当てはまることでしょう。

 

 被災してしばらくは多くの方に衝撃を与えたことですが、時日が過ぎていくうちにその衝撃も薄れ、人々の記憶から風化されつつあります。

 

 この度、被災した私たちが出来ることの一つは、この経験をしっかりと後世へと語り継いでいき、この災害を風化させないこと、この教訓を次へと生かすことが大切ではないでしょうか。

 

 

 「災害に遭った」と過去形で捉えるのではなく、「災害に遭っている」と現在進行形で捉え復興に向き合っていきたい思います。

 

 

 

 

 

【人吉市各所には様々な復興に向けた弾幕が掲げられています】

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。