日記

南九州ブロック講社講員研修会 開催!!

 先日の10月23日(火)に当院では「南九州ブロック講社講員研修会」が開催されました。
 
 講社とは、浄土真宗の教えにもとづいて、愛山護法 (あいざんごほう) の思いから本山本願寺を護り積極的に協力し、いかなる時代にあってもお念仏一つで救われていく阿弥陀様のお慈悲の尊さ有り難さを、後の世まで広く伝えるため活動している団体のことです。

 そして、この度南九州ブロック (熊本県・宮崎県・鹿児島県) ・福岡県の講社講員の方々が本願寺人吉別院にて研修をされました。
 熊本より「下球磨佛飯講」、宮崎より「攝護寺ごえん講」、鹿児島より「柊野佛飯講」、福岡より「淳信講」・「元中通組蝋燭講」の参加があり、ご講師として福永充証師 (宮崎教区広瀬組光善寺住職) をお招きして「和顔愛語(わげんあいご)」をテーマにご法話を頂戴いたしました。
 この度の研修会には、約100名の参加があり(下球磨仏飯講からは約70名)、朝10時から夕方まで一日研修会は行われ、最後は懇親会で各講員の方々が賑やかに交流を深めておられました。

【開会式の様子】

【ご講師の福永充証 師】

【懇親会の様子】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。