日記

令和2年7月豪雨により被災

令和2年7月豪雨により被災された皆様に心からお見舞い申しあげます。

 

この度の豪雨により人吉・球磨地方が広く被害を受ける中で、当院においても寺務所、納骨堂(清香閣・高尊殿)、職員住宅が床上浸水、本堂が床下浸水の被害を受けました。

しかし、被災してすぐに全国各地より支援物資が届られ、多くのボランティアの方々のお陰様により少しずつではありますが元に戻ってきています。

人吉・球磨地方の一日でも早い復興を願うばかりです。※写真はすべて被災した当日(7月4日)に撮ったものです

 

【浸水した境内の様子①】

 

【浸水した職員の車】

 

【浸水した境内の様子②】

 

【別院周辺の様子】

 

【別院周辺の様子②】

 

 

【納骨堂(清香閣)①】

 

 

【山門前にて職員が浸水した高さに手を添えています】

 

 

【納骨堂(高尊殿)】

 

 

【納骨堂(清香閣)②】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。