日記

令和2年7月豪雨 復興の道しるべ④

今年も残り僅かとなりました。今年の年越しは中々落ち着かないまま過ごされる方も多くおられることでしょう。

 

当院におきましては、引き続き支援物資を受け入れておりますので当院にも是非お立ち寄りください。

 

また、当院の浸水した建物においては少しずつ修繕が行われております。先日もご講師部屋・宿直部屋の修繕が行われました。

1年で最も重要とされる報恩講に向けて少しずつ整えております。

 

[ご講師部屋]

 

[宿直部屋]

 

 

 

[支援物資はふとんや冬用の衣類が多いです]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。