日記

令和2年7月豪雨 復興の道しるべ①

令和2年7月豪雨により被災された皆様に心からお見舞い申しあげます。被災して約2ケ月がたちました。人吉・球磨の人々が共に協力し支えあい又多くのボランティア・支援のお陰様により復興へ一歩一歩進んでいます。

しかし、各地域ではまだまだ被災の爪痕が痛々しく残っており、手付かずの所も多くあります。当院もある程度の復旧は終わりましたが、まだ元通りとは言えません。ご門徒の皆様を始めとした地域の方々に寄り添いながら別院の復旧も少しずつ行っていきたいと思います。

 

【本願寺関係のボランティアによる作業】

 

【境内でのかき氷炊き出し】

【福岡の小学生からのお手紙】

【隠れ念仏の史跡 「花立」 ※落石等あり通行不可】

                            【隠れ念仏の史跡 「十島仏像仏具焼却跡地」】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。